物価指数とは

物価指数とは経済用語のひとつで、物価指数にも企業物価指数や消費者物価指数と呼ばれるものがあります。私たちにとってなじみのあるものとしては「消費者物価指数」ではないでしょうか。私たち消費者側が購入する商品の小売価格の変動を表す指数を消費者物価指数と言います。この数字から何が分かるかというと、国民の生活水準が数値化されて出てきます。

経済政策においてもこの物価指数は参考にされており、この数値を元にして年金などはその給付額を決める判断材料にもしています。会社が私たちに支払う給料や公共料金などの算出方法の参考にもされているということはあまり知られてはいません。私たちの生活の中にあるあらゆる値段の基準がこの消費者物価指数であるといっても過言ではありません。それほどこの消費者物価指数は官民問わず利用されている数値データなのです。

企業物価指数についても触れておきましょう。こちらは企業間で取引される商品の価格変動を表す指標になっています。国内企業物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数の3つからなり、商品の需要と供給の判断材料にしたり、景気動向の判断材料にもなります。消費者物価指数は国全体に対して、企業物価指数は企業向けの、言わば消費者物価指数の縮小版と捕らえることができるでしょう。

このように物価指数と一口に言っても、いくつか種類がありそれぞれが特徴を持っています。これらの統計データが私たちの生活の元となっているのです。

1.サラリーマンの成功哲学
人なつっこく優しそうな管理人さんですぐ仲良くなれそうです

2.オンラインカジノ・ポーカー攻略
本物のカジノに行けなくてもリアルな感じで楽しめます

3.ココロ・クリエイティブ
皆が最後まで読みたくなるようなHP作りをする会社です

閉じる